ダンスリユースのコンセプト

CONCEPT

ダンスリユースの原点は、
踊りを楽しむこころと
モノを大切にするこころ。

新しいウエアを着るときめき、
新しいシューズを履くドキドキ・・・
その出会いは、
踊りを楽しむ気持ちの一部です。

もしも自分には必要なくなっても、
それは誰かの役にきっと立ちます。

捨ててしまわず、一歩踏みだすことで、
必要とするひとへ繋がっていきます。

ダンスリユースの輪が広がることで、
日本のバレエ・ダンスが
もっと楽しくなることを願っています。

ダンスリユースが目指すもの

■ 潜在的なトウシューズの個人在庫の再活用「ポワント・バンク」

自分に合うトウシューズを見つけるのに苦労されている方は多いと思います。 自分にぴったりの一足を探して、「ポワント・ジプシー」になることも・・・。 決して安くない消耗品のトウシューズは、いつもダンサーにとって経済的に大きな負担になります。
買ってみたものの合わなかったトウシューズがあったり、 買いだめしていたけれど他のトウシューズに乗り換えて使わなくなってしまったり。 モデルやサイズ、幅など多様なので、友達にあげようにもなかなか合う人がみつかりません。
そんな新品同様なのに埋もれたトウシューズの再活用を目指すのが、「ポワント・バンク」です。 不要品のトウシューズを買取り集め、必要な方に安く提供していくサービスです。 お店が近くになく試し履きがなかなかできない方も、気軽に買って試してみることができます。
ダンサーの自宅に眠る潜在的なトウシューズの個人在庫を再活用を目指します。

■ バレエ・ダンス業界の経済好循環

大人のバレエ・ダンスの楽しみは、汗を流して踊ることだけでなく、 お気に入りのウエアを身につけることにもある、そんな方も多いのではないでしょうか。 新しいウエアを着ると自然とモチベーションが上がりますよね。
でもどんどんウエアが増えていくと、新しいものが欲しくても、まだ使えるしと我慢してしまったり・・・。
そこで、気軽にリユースできる場があれば、 クローゼットはすっきりし、また新しいものを買える余裕も生まれます。
好みやサイズが変わってしまったけど、捨てるのはもったいない・・・。 高い、と思われるバレエ・ダンス用品を、もっと気軽にいろいろ試したい! そんなバレエ・ダンスを楽しむ方のいろいろな思いを汲みとり、 限りある資源を捨ててしまわずリユースしていくことで、循環する社会を目指します。
新しい購買意欲も刺激され、バレエ・ダンス業界の経済好循環につながっていくことも大きく期待できます。

■ 売上の一部を日本のバレエの発展のために

なにもしなければ、そのままクローゼットに埋もれていたウエアやシューズ。 思い切ってダンスリユースのアクションを起こしていただいたその対価の一部を、 これからの日本のバレエ界およびダンサーを支援することに役立てたいと考えます。
大切なものを誰かにつなぐ。まだ使えるものを賢く使う。 そのアクションを通じて日本が育むバレエの発展につながっていくお手伝いができればと思っています。
支援の対象となる団体については、現在募集中であり鋭意検討中です。 決定しましたら、当サイト上にて発表して参ります。